今年もありがとうございました

掲載日:2022.12.30  
カテゴリ:コラム  
校舎:小學舎

早いもので、もう2022年もおしまいです。そして、1月に入ってすぐに子どもたちの人生を大きく左右する入試が本格的に始まっていきます。子どもたちへの年賀状を準備しながら、本当にみんなにとっていい年になるといいなと思いました。文系担当の東久保です。

昨年の今頃はコロナの第6波突入の兆しが見え、どうなることやらとヤキモキしていたころです。そして今年は…。まだ終わることなくコロナに振り回されそうな受験ですね。何が辛いって、ずっと頑張ってきたのに、受験の時にコロナに感染して受けられない、濃厚接触者になってしまって受けられないといった時です。そういう時には、とりあえず、学校に相談してみてください。もしかしたらなんらかの準備をしている学校もあるかもしれません。無理して受けにはいかないでくださいね。

今日は年末特訓が行われました。これは6年生の恒例イベント。卒塾した子たちが、必ず「年末・年始特訓はやばい…。あれでスイッチが入った」とよく合格体験記に書いてくれる地獄の…いやいや、楽しい楽しいイベントです。科目によっては、プリントをひたすらやり続けて、すべて合格すると帰れるという、あれ、今日何時から来てるっけ?となってしまうイベントです。最後らへんには「ランナーズ・ハイ」のような状態になって、妙な団結力が子どもたちの中に生まれ、先生は「いい加減に合格しろ!」「絶対に受験までにすべてのプリント終わらせてもらうからな、逃がさないぞ!」と優しく声をかける。その後、入試まで先生は名簿を持って追いかけまわし、子どもたちは捕まると自習室で黙々とプリントと格闘しないといけないというワクワクするイベントです。今年もたくさんの子たちが年明けからの追いかけっこに挑むつもりのようです。私も年内のうちにしっかりと逃がさない包囲網をつくり、迎え撃つ準備をしています。このやり取りも終わってしまえば、いい思い出になるはず! ぜひこの機会に目の前の山のようなプリントや手つかずの問題とも立ち向かい、残りの日々を充実したものにしてほしいものです。まだまだ頑張れる! まだまだ伸びるぞ! これでいいと安心することなくやり抜きましょう。体調もしっかり整えてね。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。今年は今日で校舎は閉館となります。2023年は1月3日の年始特訓がスタートとなります。



お知らせ一覧へ





資料請求・お問い合わせ 上部へ戻る

上部へ戻る