現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

保護者懇談真っ最中です!

掲載日:2014年5月21日 18:55

カテゴリ:

お久しぶりです。
長井ゼミ小學舎校舎長の中村です。

現在、保護者懇談会の真っ只中です。第一回まとめテストの結果を元にお子様の学習状況、今後のポイントについてお話をさせて頂いてます。学年最初のテストですから上手くいかなかったことのほうが多いと思います。いいんです。それを活かして次につなげることのほうがよほど大切!本番は入学試験です。塾のテストでいろいろ試行錯誤しながら成長をしていきましょう!


では、今回のブログリレーのお題ですが…いろいろありますね。小學舎の教師ですから小学生時代に限定すれば、キン消しが流行りましたね。カープにも夢中でした。高橋慶彦選手が憧れでした。ソフトボールもしていました。更には受験もしているので6年生ではほぼ勉強かな?←嘘ではないですよ(笑)でもその中で今回ピックアップしたのは…

ファミコン!

ですね。僕らの小学生時代はこれをもっていないとなかなか仲間に入れてもらえませんでしたが…なんと!中村家は家庭の方針でファミコンは買ってもらえませんでした(T_T)スーパーマリオ全盛期の時代ですよ…いつも友達のうちに押し掛けて、でもゲームをもっていないから順番がまわってこず、ゲーム画面をずっと見て過ごす…見かねた友達がやらせてくれても慣れていないから最初のクリボーで死んでしまうマリオ…なんて可哀そうな少年なんでしょう(笑)友達に入れてもらうために、ハードを持っていないのにお年玉で「マッピー」というソフトだけ購入しました。それをきっかけに本体買ってもらう計画だったんですが…あてが外れました。それがトラウマになったのか一人暮らしを始めてからはスーパーファミコン、セガサターン、PS、PS2、PS3とゲーム機を必ず購入するように…ただゲームはあまり買わないし、しないんですよ。ゲーム機を購入して満足なんですよ(笑)

そんな中村家に事件が!それは今から8年前。長男が小学校入学のときです。じいじ、ばあばになった私の両親が孫の入学祝に買ったもの…それがなんと!

DS!!

僕のときには頑として買ってくれなかったゲーム機なのに…子供には厳しく!孫には甘く…これが世の中のじいじ、ばあばなんですね(笑)言い訳は「時代は変わったんだ。持ってないと不憫だろ」って息子はその時代、十分に不憫でした…。

ということで涙なくしては見られないブログになってしましましたが、でもゲームをしなかったからこそ受験も成功したのかな?と少しは思います。長男も受験前はもちろんゲーム禁止でしたよ。やはり受験にはゲームは若干「悪」ですかね。ただ最近の子供たちはゲームだけでなく、タブレットも持ち始めています。それで動画を見たりゲームをしたり…時代は本当に変わりました。保護者の方の管理も大変ですがなにとぞよろしくお願いいたします。

では次は僕以上の子供にデレデレな渡守武先生!よろしくお願いいたします!

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る