現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

医系学舎の特徴

掲載日:2014年3月15日 18:35

カテゴリ:

お問い合わせ ありがとうございます!!

後期試験も一段落し,来年度に向けてお問い合わせを多くいただいております。ありがとうございます。生徒の皆さんが,自分に合った予備校を選択することができるよう情報提供や時には学習についてのアドバイスを行いながら,医系学舎のシステムをご案内させていただいています。今回は,面談でよくお伝えする医系学舎の特徴を紹介します。

常勤講師が<直接>指導する

医系学舎では,授業を受け持つ講師が常勤しているので,質問対応を講師が行います。授業の疑問点や学習法,その他の悩み,時には気分転換のどうでもいい話まで講師が対応します。
さらに,生徒との年7回のカウンセリングも講師が担当します。模試データを活用するだけでなく,授業中の反応や講師間で共有した情報なども考慮しながらカウンセリングを行います。生徒の性格に応じて,アメとムチを使い分け,モチベーションを上げていきます!

競争意識をあおる<仕掛け>

学習のモチベーションを保つためには,周囲の環境が大切です。医系学舎では,同じ目標を持ったライバルたちが存在します。単元テストや毎朝の朝テストの優秀者を掲示します。名前が掲示されるように,テストに力が入ります。また,単元テストの結果によって各教科のクラス(α,β,γ)が変動するので,上のクラスを目指して必死になります。これらは,こちらがねらって仕掛けています。一方で,医系学舎に慣れてくると,自然に,友人間でテスト対策を話し合ったり自主的に過去問を解いたりするグループが出来上がってきます。たるんでいた生徒もその雰囲気に飲まれて勉強するようになります。
学習法や各科目の解法は,講師が細かく指導していきますが,学力の伸びに欠かせない自主性は,自然と育まれていきます。ありがたいことです!!

今回はこれくらいにしておきます。続編があるかもしれません(笑)

ご来塾やお電話でのお問い合わせは,お気軽にどうぞ!!
「うちの子,1年で医学部に合格できるか?」
「学部を考え直したほうがいいか?」
「私立専願にすべきか?」
「この時期何を勉強すべきか?」
といった進路や学習アドバイスもさせていただきます!

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る