現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

今年の広島大2次試験の感想

掲載日:2014年2月26日 17:00

カテゴリ:

物理は大幅難化

今年の広島大の物理は過去20年で最も難しかったと思います。超難問は出題されていないですが,とにかく分量が多かったです。しかも,広大では近年まったく出題されなかった万有引力が大問1で出題され,いきなり動揺した受験生もいたのでは。医学部医学科なら6~7割解ければ十分ではないでしょうか。一方,生物は平年並みで,医学部を狙う受験生なら7~8割は得点できたのでは。今年度の入試に限れば,物理選択より生物選択のほうが圧倒的に有利だったと思います。

2次で逆転を狙う受験生には厳しい?

今年の広島大の英数は昨年度に比べて易化し,化学は大幅に易化しました。英数化に関してはほとんど差がつかないでしょう。2次逆転を狙うに人にとっては,物理・生物の得点率が合否を左右すると思います。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る