現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

英語の話

掲載日:2017年10月27日 13:00

カテゴリ:

こんにちは。ハンス英語科の大原です。

受験生の皆さん、

英語の勉強を頑張っていることだと思います。

今日は英語の話をしたいと思います。

 

今回の記事を読んでもらって、

受験勉強を少しでも楽しみながらしてもらえたら幸いです。

 

 

さて、

日本語で例えば

「愛情」「友情」「感情」というように、

最後が「ジョウ」というような共通の音で終わっていることを

 

韻を踏むといいますよね。

 

実は英語にもこの韻というものがあるのです。

 

 

以下はカーペンターズの

top of the world

という有名な曲の始まりの歌詞部分ですが、

1文目の終わりのmeと2文目の終わりのseeが韻を踏んでいます。

 

 

Such a feeling/ is coming / over me.←「ミー」
そのような感情が/近づいている/私に覆いかぶさりながら。

There is wonder /in most everything/ I see.←「スィー」
驚きがある/ほとんどすべてのものの中に/私が見る。

 

実際の曲を聞いてみたい人はネットで検索してご覧ください。

 

 

 
 
実はこの韻というのは入試問題で出題されることがあるのです。

 

以下の問題を解いてみてください。


【問題】
 
I’m as busy as ( ).

① a bee   ② a cat   ③ a dog   ④ an ant

 

 

 

正解は①です。

busyのbとbeeのbが韻を踏んでいるのです。

この韻というものも立派な文法的なルールです。

 

 

皆さんが日々勉強している英文法というのは、

視点を変えてみるとかなり楽しめるものですよ。

英文法が

「おもしろくないなあ。」

「なぜ、そうなるのか意味がわからないなあ。」

などと感じたときは、

ハンスの英語の先生に相談してみてくださいね。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る