現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

「東大」

掲載日:2016年12月25日 00:00

カテゴリ:

メリークリスマス!!

高校部化学担当の福武です。

 

今年もクリスマスの時期がやってきましたね。

街もイルミネーションで彩られ

とても活気づいていますね。

 

そんな中、長井ゼミハンスでは

12月23日(金)より

冬期講習会がスタートしております!

クリスマスで賑わう街を背に

今日も受験生たちは塾で頑張っています!!

 

 

 

 
現在、高3クラスは

センター対策授業を実施中!!

 

来年のクリスマスを楽しく過ごせるよう、

我々もしっかり応援していきますよ!

 

 

 

実はわたくし、高校化学だけではなく

中学生に理科も教えています。

ハンス緑井校の中1クラスは

化学分野を学習しています。

 

 

以下のことをみなさん覚えてらっしゃいますか?

 
『 普通、液体が固体になると体積が減るが、

  水は"例外"で、

  水(液体)が氷(固体)になると体積が増える 』

 

水は非常に身近にある物質なのに

状態変化に関して言えば特別な存在だったんですね。

 

高校生にはなぜかを説明するんですが、

さすがに中学1年生には難しので、いつも

 

「これが説明できれば東大に入れるよ。」

 

と少し大げさ(?)に伝えて

 (でも以前、東大でこのような問題が出たことあるんですよ)

「どうしても知りたい人はあとで教えてあげるよ」

と言い、次に進むことにしています。

 

すると、理科の授業が終わったあと

「さっきの水が氷になると体積が増える理由を教えてください」

と聞いてくる生徒がいました。

しかも一人ではありません!

多数の生徒が!!

 

中学生にわかるように説明するんですが、

どうしても「水素結合」とか「四面体構造」とか

難しい事柄になっちゃうんです。

それでも生徒は目を輝かせて聞いてくれ、

「すごくわかりました!」と言って

うれしそうにしていました。

 

塾の先生としてテストに出ることを教えることは大切なことです。

でもテストに出ること以上の知識を与えてあげることも

大切なことだと思うんです。

というか、それ以上のことを学びたい中学生って

結構多いんですよね。

 

そんな生徒の期待に応えられる先生でいたいなと思いました。

 

最新のエントリー

2019年5月 8日
令和キャンペーン!?
2019年4月23日
平成から令和へ
2019年4月19日
2019年3月開校 矢野校
2019年4月16日
さくらまつり
2019年4月12日
Live・生はやっぱり凄い!!

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る