現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

広島城北中学校にお邪魔しました

掲載日:2020年10月25日 17:04

カテゴリ:

朝方の気温がだんだん冬になってきましたね。寒いからと思って、ふわふわの毛布を出したのに、目が覚めるたびに何もかけていない我が子を見て、発狂しそうになる文系担当の東久保です。

今年、コロナの関係で各中学校の学校行事が非公開・中止になっているため、少しでも学校の雰囲気が伝わればと始めた中学校動画シリーズ。ラストを飾るのが、広島城北中学校です。実は、私も校舎の中をぐるぐる回ってみたのは初めてで、なかなか興味深かったです。撮影の日はあいにくの雨の日で、いい写真が撮れなかったのですが、次の日は見事な秋晴れになったため、写真は次の日のものを載せておきますね。今回、いろんな学校の施設を見たあとだったので、少々のことでは「へ~!」と思うことはないと思っていったのですが、やはり自習で当たり前のようにタブレットを使っている生徒の姿や、全方位プロジェクターの部屋などを見せられると、「へ~!」となりますね。対談部屋として使ったのが、カラフルなかわいい椅子が特徴的な部屋だったのですが、このかわいい椅子は男子校の殺風景な(←失礼!)部屋を明るくかわいくするアイテムとしてしか考えていなかったのですが、グループ分けなどにも使うと聞いて「へ~!」。プロジェクターの影が出ない、横の壁にも映像が映る、授業は生徒がその壁の映像をタブレットで撮るのもOKなど、自分の時代とのあまりにもかけ離れた学校風景に「へ~!」。

世界第2になった鉄道研究部の模型も実際に見ると細かいところまで作りこんであってみごたえがあるものでした。毎年、「城北に行って鉄道研究部に入りたい!」という子が一定数いるのが納得できる模型でした。何よりも、卒塾生が立派に成長している姿は、その子の塾生だったころの様子が思い浮かんできて、懐かしさと立派になったなという頼もしさで感動します。今回は生徒会長になっている卒塾生が動画には登場してくれます。城北の動画はすでに塾生専用ページに載っていますので、ぜひご覧ください。まだまだ学校に直接行くことができる行事も残っていますので、ぜひ気になった人は実際に学校に足を運んでもらえたらと思います。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る