現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

休講期間何をしていますか?

掲載日:2020年3月 6日 18:57

カテゴリ:

暖かい日や寒い日が続いて、まさしく季節の変わり目だなと実感する日々。お店をのぞくと、もう半袖が売られているんですね。3月に入ったとはいえ、ちょっとびっくり。文系担当の東久保です。

毎年の今頃は、「新年度が始まりました~」という記事を載せるのですが、新年度開始直前に新型コロナウィルスの影響で突然の休講になってしまい、とても残念です。学校も休みになってしまい、生徒のみなさんはどう過ごしていらっしゃいますか? 休みが始まる前には「ヤッター!」とワクワクしたかもしれませんが、いざ始まってしまうと、やることがなくて暇で暇で…という人も多いのではないかと思います。休みになった理由が「これ以上新型コロナウィルスの被害が拡大しないように」なので、みんなで人が多い場所に遊びに行くわけには行きませんし、公園に行くといっても、毎日朝から晩まで遊ぶわけにはいかないし、家の中でゲームとなると歯止めが利かなくなるし…。学校から課題が出ているとはいっても、なかなか机に向かえない人も多いのではないでしょうか。

先日、長井先生が、出演している広島テレビの「テレビ派」で、「休校中の子どもの過ごし方」について話しをされていましたので、こちらでも簡単に紹介しておきますね。家でできそうなことを実践してもらえたらと思います。

休みに入って、何もすることがなく、ダラダラ過ごす…。これはとてももったいない時間の過ごし方だと思います。「でも、うちの子、なかなか机に向かわないし、やり始めたかと思っても、すぐ休憩しているし…」それは、「一人でやっているから」です。どうしても、臨時休校になって家で勉強するとなると、一人で勉強しないといけない時間が増えてしまいます。でも、一人で何かをするのはとても孤独を感じるもの。よほど強い気持ちを持っていないと、なかなか机に向かえないものです。だから、できるだけ「一人で勉強をしていると感じさせない」ことが大切です。ぜひ、子どもに問題を出してあげたり、一緒に丸付けをしたり…。「一緒に」過ごす勉強時間を増やしてもらいたいと思います。「勉強は一人でやるものでしょ?」確かにそうかもしれません。でも、一緒にやる勉強のほうが楽しいですよ?学校も塾も一緒にやる相手がいるから頑張れることも増えて、楽しいことがたくさんありますもん。子ども達も友達と会えなくてさみしく感じていることでしょう。保護者の方が先生の代わり、友達の代わりに一緒に過ごしてあげてほしいなと思います。せっかくの休みです。
この休み期間を「プラス」に考えていきましょう。ぜひ、「家族の絆を強くする機会」としてもらいたいと思います。まず手始めに、家族で「休みの期間の過ごし方」を話し合いましょう。なんのための休みなのか? この期間に何をしようと思うか? これらをぜひ、「子どもに言わせて」みてください。「これをしなさい」という風に、親目線の上から話すのはNGです。そして、この休みの間の計画書を作りましょう。勉強はもちろん、お手伝いもこの機会にしっかりやってもらいましょう。だって、家族の一員ですから。まずは新型コロナウィルスにかからないようにするための休みですから、規則正しい生活はもちろんですけれど、外出するときには、「どこへ・誰と・何のために」もしっかりと報告させ、不要な外出は控えさせましょう。おすすめなのは、「家族全員の計画書を作り、壁に張り出す」こと。子どものものだけ計画書を作らせると、「どうして自分だけ…」と不満に思うでしょう。家族みんなの計画書を作ることで、みんなで乗り切ろうという団結力が生まれます。ここでも「一人ではない」というキーワードに繋がっていきますね。

ぜひ塾としては、この機会に「前学年の復習ができる!」と目標をもって取り組んでもらいたいと思います。なかなかこんなにまとまった時間は取れません…と、ここでも「プラス」に考えましょう。2月末に科目によっては「学年末テスト」を行っていますので、自分の苦手単元が少しわかったはず。今回の期間を前向きにとらえ、しっかり復習をしていきましょう。新小5の皆さんはまず、小4の間に学習した漢字は確実に自分のものにすること。算数は最後のテストでできていない単元を中心にくり返し復習しましょう。新小6の皆さんは、理科・社会の暗記部分。一度覚えたから大丈夫!…というわけにはいきません。いざ見直してみると忘れていることがたくさんあるはずです。テキストを音読するだけでも記憶は甦ります! 「テキストの音読→保護者の方に問題を出してもらう(キーワードの「一緒に」ですね。)」の流れで、5年生で学習した単元に一通り目を通すことをお勧めします。もちろん漢字や算数の復習も同様に行っておきましょうね。すでに何件かから「前学年のテキストが欲しいのですが…」とテキストの注文をいただいています。注文いただきましたらすぐにご準備されていただきますので、取りにきていただけたらと思います。もしも、家で問題を解いていてわからないものがあったら、講師は出社しておりますので、いつでも電話をしてきてくださいね。

期間限定 緊急販売決定!

長井ゼミでは、算数や理科などの科目を中心に手作りのテキストを使用しています。今回、これらのテキストの中から、算数の宿題用のテキスト(3年~6年対象)を現在お通いでない方にも、長井ゼミが休講の間、期間限定で販売させていただくことになりました!(1冊税込み500円)。「長井のテキストってどんなの?」「家でやらせるものがなくて困っている…」などなど、ぜひこの機会に長井のテキストで勉強してみてはいかがでしょうか。お問い合わせは長井ゼミ小學舎広島本校までお願いいたします。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る