現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

広島の中学校紹介~広島女学院中学校~

掲載日:2019年9月13日 15:18

カテゴリ:

主要な広島の中学入試日程が発表されました。
ご存知の方も多いとは思いますが、2020年度は解禁日が1月1日となったことで、これまでと日程が大きく変わっています。

もちろん、どの学校を受験するかは個々のご家庭によって違うとは思いますが、全体的に入試の開始が早まるパターンが多くなると予想されますので、今年受験年度のご家庭におきましては、早めのご準備をお願いいたします。

入試日程についての詳しいお話を希望される方、またそれに関するご相談のある方は是非担当の教師までご連絡ください。よろしくお願いいたします。


それでは、前回から引き続き、広島の中学校紹介にうつります。

広島女学院中学校を紹介します

今回の学校紹介は広島女学院中学校。広島女学院中学校は、今から約130年前に開かれた広島で初めての女学校で、日本で最も古い歴史のある「キリスト教の学校」のひとつです。2014年には、広島初、中四国九州私学で初のSGH(スーパーグローバルハイスクール)の指定校となりました。SGHとは、文部科学省のプロジェクトで、国際的に活躍するグローバルリーダーを育てようというものです。このプロジェクトの指定校になると、国からの支援を受け、それぞれの特色のある教育を進めていくことになります。女学院の場合、社会に奉仕するというキリスト教の精神のもと、世界で活躍する人材育成を目指し、「広島」という世界で初めて核の被害を受けた地にある学校ということから、広島の被爆について学習し、そこから得た「平和観」を世界に発信していく「対話力」を身に着けるというグローバルな教育が行われています。世界を見据えた人材育成を目指しているため、英語教育には特に力を入れているのが特徴です。海外の学校との交流もさかんですし、中学入学時に英検準2級以上取得している生徒対象の英語の特別クラスも準備されています。校舎内には最近行われたのでしょうね。ミャンマー研修の報告の掲示も見られました。将来、世界で活躍したい、英語に携わる仕事に興味があるという生徒には刺激的な環境だろうなと思います。

ゲインズホールにあるパイプオルガンと校舎内で見られるステンドグラス。これらは小学校では見られないものですよね。パイプオルガンの演奏は、説明会などで聴く機会があるかも…。初めて聴いた時には多彩な音が織りなす美しい音色に、あっという間にその場の空気が変わった気がしたのが印象的でした。

また、高校校舎も比較的最近できたものです。
木目調の床が温かい雰囲気を作り出していて、どこかの野外活動施設に来たかのようです。この校舎はもうすでに建てられて数年経っていますが、まだまだ木の匂いがうっすらとしていました。普段からとてもきれいに使っているのでしょうね。教室の中にあるロッカーは、個人ロッカーになっていて鍵もかかります。廊下はとても広く、廊下の中央にはふかふかなソファやカラフルな椅子が置かれ、生徒たちがトークに花を咲かせている様子が容易に想像できるような楽しそうな空間となっています。実はこのような空間は、高校校舎の廊下だけでなく、屋上デッキやテラス席などもあり、屋上デッキは、街中のちょっとした公園のような感じ。おしゃれな雰囲気です。

こんなきれいな校舎を見て回れるイベントがあります!

まず、入試説明会&オープンスクールが第1回9月28日(6年生優先)、第二回10月12日(6年生限定)に行われます。
更に、11月3日には中学高等学校文化祭。そして12月には20日に女学院クリスマス、22日に広島女学院メサイア演奏会が行われます。
少しでも興味がある人は、まずは実際の学校の様子を目で見ると、その学校のいいところがたくさん見つかると思います。自分のぴったりの学校探し、楽しんでくださいね。

女学院中学以外でも9月にはたくさんの学校が外部イベントを予定しています。学校の中に入れるチャンスですので、いろいろ見に行くのがおすすめですよ。

長井ゼミからもイベントのお知らせ【海田DEお茶会】

9月24日(火)に、海田教室では「第3回 海田DEお茶会」を行います。これは海田教室で月1ぐらいのペースで行っている情報交換・勉強会です。今回は「なぎさ中学」「安田女子中学」についてお話しします。興味がある方は長井ゼミ小学部海田教室 082-554-8570まで9月20日(金)までにご連絡ください。お待ちしています。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る