現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

2018年度説明会(第2回)のお知らせ

掲載日:2017年11月 7日 21:51

カテゴリ:

説明会(第1回)にたくさんお越しいただき、誠に有難うございました。

特にハロウィンらしいこともせずに10月が終わってしまって今更少し後悔し始めています。
皆様はいかがお過ごしになられたでしょうか?
理系科目担当の石川です。

さて、長井ゼミ小學舎では、去る11月5日に「第1回新年度説明会」を開催いたしました。
お忙しい時期にも関わらず、多くの方にお越しいただきました。
重ねて御礼を申し上げます。誠に有難うございました。

この説明会では、長井ゼミ小學舎の指導方針・指導内容・システム・料金・講座など、多岐にわたってご説明させていただきました。
またそれだけではなく、広島の中学入試の様子もお伝えいたしました。
ご参加いただいた皆様には、担当指導者一同の熱意を感じていただけたことと思います。

また、この説明会ではTVのコメンテーターでもおなじみ長井敏弘のミニ講演会も行われました。

11月23日(木)にも、「新年度説明会」を実施いたします!

ぜひお越しください。お電話にて、ご予約をお待ちしております。
また、日程が合わず、どうしても説明会にお越しいただけない場合でも、各校舎にご連絡くだされば個別にご説明申し上げることも可能です。
お気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。


また、11/6から新年度生の入塾テストをスタートさせていただいております。
毎年、新4年生の人気のクラスは11月末には定員になっております。
ご興味ある方は是非、こちらもお電話にて申し込みを受け付けております。よろしくお願いいたします。

入塾テストは「ミニ授業」付きです。

説明会などを通して長井ゼミ小學舎にご興味をお持ちいただいた方には、「入塾テスト」をお受けいただくようお願いをしております。
この「入塾テスト」では、現学年の学習内容の理解度をはかるとともに、テストに取り組む姿勢も見せていただいております。
同じ空欄でも、簡単に投げ出してしまったものと、いろいろなやり方を試した結果どうしても解けなかったものとでは、塾に入って同じ授業を受けても理解度が異なります。
入塾テストの問題に書き込まれた努力の跡を見ながら、我々はお子様方のやる気を感じるのです。

もちろん、テストですから、結果として合否は必ず出てきます。ただ、「不合格だったからご縁がありませんでしたね。」ということにはいたしません。
その場合には保護者の方にもご同席いただいた上で、お子様に問題とご自身の答案を見ていただきながらミニ授業(我々は「レクチャー」と呼んでいます)をさせていただくことが可能です。
お子様方には、どう解けば正答にたどり着けるのかをお教えさせていただくこと、保護者の方には、長井ゼミ小學舎がどのような指導をするのか見ていただくことを目的としています。

その「レクチャー」を受けていただいた上で、再度入塾テストを受けていただくことも可能です。
よく、「再テストで入塾したら、ついて行けなくなるのでは?」と心配される方もいらっしゃいます。そのようなご心配は、全くご無用です。
何度も不合格になり、その都度レクチャーを真剣に受けて合格を勝ち取ったお子様もたくさんいらっしゃいます。
入塾テストに合格したことがうれしく、入塾した後も努力を重ね、第一志望を勝ち取った例など珍しくありません。
案ずるより産むが易しと申します。まずは、力試しとお考えください。


以上長々とお話いたしましたが、長井ゼミ小學舎は入塾テストの段階からお子様方のために全力を尽くしています。
当ブログをご覧いただいたのも何かのご縁と存じます。
まずは、説明会へのご参加のご連絡をお待ちしております。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る