現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

『入試演習』から『入試へ』

掲載日:2015年1月16日 14:51

カテゴリ:

いよいよだぁーっ!!

本当に、本当に、目前となりました!
皆さんが待ちに待った入試です!
ここから“怒涛の1週間”が始まります。
体調管理に十分留意して、全力を出し尽くしてきましょう!!

でも、今までたくさんやってきた「入試演習」が「入試」になるだけ。
やることに違いはありません。
落ち着いていこうね。

ご挨拶が遅れました。
文系担当、渡守武です。
あったかいやら、寒いやら、いろいろ大変ですが、
万全の態勢で臨みましょう!

この時期になると、数年前の自分の入試を思い出します。
特に、親父が言っていたことが今でも深く胸に刻んでいます。
これは、担当クラスの子供たちにはいつも必ず伝えることです。

『テストが始まったら、まず受験番号・氏名をゆっくり書こう。
 どんなに難しい入試でも、その2つは確実に答えられるから。
 解答用紙に答えを書けた場所があれば、気持ちも落ち着いて、
 他の問題にも取り組んでいけるようになるよ。』

もちろん、学校によっては、受験番号・氏名が書いてなければ、
大きく減点されたりするという現実的な問題点もあります。
だから、意識のあるうちに書いておくのです。
たとえ、本当は書いていたとしても、「書き忘れたんじゃないか」
と思うことで平常心を失い、残りの教科にも悪影響が及ぼされる
怖れも十分あります。

しかし、より大切なのは、実力を出し切ることです。
自分が落ち着いて取り組むために、できることはすべてしましょう。
始まる前に、目を閉じてゆっくり深呼吸するのも効果的ですよ。

ブログテーマについて

さて、テーマであります「長井式入試心得八箇条」。
回も進んで7回目です。

今回は、
『試験後の“無意味な答え合わせ”には耳を傾けることがないようにすべし』
です。
確かに、試験後は自分の解答が不安で、何とか落ち着きたくて、
つい、友達と「あの問題の答えって○○よねぇ」とやってしまいたくなるもの。

正直これは、百害あって一利なしです!
友達と解答が同じだったら落ち着ける?? 
二人とも間違えていたらどうするの?
本当の答えはわからないのだから、全く意味なし!

もし、友達と答えが違っていたらどうするの?
本当は自分があっていても、友達と答えが違っていると不安になるだけでしょ?
不安になったまま、次の教科を受けるの?
そんな心理状態で本当に実力が出し切れるの?

結論。
試験後の答え合わせは、百害あって一利なし!
絶対にしないこと!
そんなことをしている暇があったら、次の教科の参考書でも見ておく方がまし!

過ぎたことは気にするな!
前だけ向いて頑張れ!
前進を続ける者だけにゴールはやって来るのだ!!
頑張れ、長井ゼミ生!!!

さて、次回は?

次回は、入試八箇条いよいよ最終回。
同じ文系の頼れる仲間、中田先生の登場です。よろしく!
ではでは~。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る