現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

西日本豪雨災害

掲載日:2019年7月 9日 11:56

カテゴリ:

蒸し暑さと息子のイヤイヤ期で少々バテ気味の木村です。

6月の模試&単元テストラッシュで燃え尽き気味の医系生。度重なるクラス替えで泣いたり、笑ったりと相変わらず目まぐるしい忙しさの中で頑張っています‼

話は変わって…この時期になると思い出すのが昨年の西日本豪雨災害です。7月6日の記録的豪雨は西日本の広範囲で河川の氾濫、土砂災害、浸水害など様々な被害をもたらし、私が住んでいる町も大きな被害を受けました。

いつも利用している駅や以前住んでいたアパートが浸水しボートで救助を行っていたり、近くで土砂崩れや川の氾濫が起きていたのです。そして、さらに衝撃だったのはそのような被害を受けた地域が西日本に複数あり、どの地域も大変な状況にあるということでした。雨が止んだ後も停電・断水・物流ストップ・交通障害などの二次災害が続き、被災された方にとって本当に辛い時間が流れていきました。

そんな中、すぐさま復興支援が始まり長靴やスコップを抱えたボランティアが私の住む町にも沢山訪れ、中には自身も被災しているにも関わらず手が空くと他の家の土砂を片付けにいくという方もいました。沢山のボランティアの方々、全国からの応援車両、お忍びでボランティアに駆け付けた芸能人やスポーツ選手。『自分より相手の事を一番に考え、相手の気持ちに寄り添った助け合い』を目の当たりにして、人と人との繋がりの大切さや強さを学ぶことが出来ました。

そして、今回のような緊急時において、医療従事者の存在の大きさを改めて実感しました。被災者の健康管理、災害やボランティアで負傷した人の処置など近くに医療従事者がいるだけで心強く、安心出来るのです。
私の姉も看護師なのでいつも何かあれば頼っているのですが、やはりいてくれるだけで本当に心強いです。

今、医系学舎で頑張っている生徒さんが将来誰かの『救いの場』になるのだと思うと、大変な浪人生活で心折れる事も沢山あるけれど頑張って欲しいと思います。その為にも私達に出来る事があれば全力でフォローさせて頂きます。
再来週からは夏期講習会もスタートするので、夏の暑さに負けず頑張っていきましょう‼

 

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る