現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

2015年度新設!「私立医学部鍛錬コース」 その②

掲載日:2015年2月11日 19:45

カテゴリ:

勉強って一人でするもの。でも・・・

前回に引き続き,「私立医学部鍛錬コース」を紹介しましょう。

医系学舎は,生徒との面談回数が他の予備校と比較して圧倒的に多いです。年間7回実施しています。これは,生徒が模試を受験する度に面談しているわけです。模試を受験することで,それまでの勉強の取り組みや課題が明確になり,的確なアドバイスができるからです。

さらに,面談を担当しているのが,実際に生徒を教えている教師であることも特徴です。教師が面談をすることにより,模試の結果だけではなく,そこまでの勉強の経過も踏まえたアドバイスが可能になります。

さて,新設した「私立医学部鍛錬コース」も,上記の面談のコンセプトを継承しつつ,

毎週1回面談を実施します!

年間で換算すると約30回!

授業を担当する教師は,生徒ごとに「カルテ」を作成します。「カルテ」には,生徒の勉強の取り組みや,弱点・問題点など,成績を上げるための方法が記されています。それを集約して,面談担当の教師は,すべての教科のアドバイスを実施します。

前回お話しした,授業とその反復練習を中心とした勉強法では,科目ごとの勉強のバランスや,本人の特性にもとづいた勉強の仕方,単元の攻め方などは,意識せずにただ与えられた課題をこなすことになりがちです。

私たちが面談を重視しているのは,生徒の成績をあげるために,このようなサポートが必要だと考えているからなのです。

実は勉強は“一人”でするものではないのです。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る