現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

最強のパワースポット!

掲載日:2020年2月22日 18:00

カテゴリ:

こんにちは!ハンス大町校で理系科目を担当している滝宮です。


日本各地にある

パワースポット

そして

「○○の聖地」

とよばれる場所は

たくさんあるとは思いますが


ただ「自分にとっての」

ということであれば…

山口県萩市

です。


ここは「明治維新胎動の地」とよばれ、

世界文化遺産に登録された場所も多くあります。


中でも

自分にとっての最強のパワースポットは、

松下村塾を主催した

吉田松陰先生の誕生地です。


そこには銅像があり、

同じ目線で見つめる

萩の街並みは

最高の景色です。

つい先日も行ってきました!!


毎年のように訪れていますが、

何度来ても、

そのたびに

元気になれるし、

大きなパワーをもらえます。


きっかけは、

初めて松下村塾の前に立ったときのこと。

全身鳥肌が…

目に見えない大きなパワーに圧倒された感じでした。


その理由が少しでも知りたくて、

まずは主催者である

松陰先生のことを知ろうと思い、

本を買いすぐに一気読み。


友人との約束を優先させ脱藩したり、

ペリーの船に乗って

アメリカに行こうとしたり、

なんという行動力、

なんというパワー。


何よりも、

こんな小さな塾から

日本を動かすほどの

多くの人材が出ているなんて。

それに魅力あふれる塾生が多い。

もう完全に引き込まれてしまいました。

気分は完全に塾生です(笑)


それ以来、

萩には何度も行きました。


イベントでふだんは入れない

松下村塾の中に入れてもらい

松陰神社の宮司さんに

お話しを聞くという機会を得たり、

奇兵隊の軍服を着て

パレードに参加させてもらったりしました。


さらに、

「萩・幕末検定」

を受験したり

幕末の志士も歩いた

「萩往還」35キロ

も実際に歩いてみたり。


それから、

もちろん日本各地の幕末史跡にも足を運びました。

薩摩、土佐、京都、長崎、越前…


でも、

結局いちばん落ち着く場所は、

松陰先生の銅像の下。


心が疲れたり、

何かを決断したいとき、

何もなくてもふと行ってみようと思える場所で、

とにかくパワーをもらえる場所、

元気をもらえる場所なのです。


ちなみに松下村塾は、

松陰先生が主催した塾

という表記がされます。


松下村塾を開いたのは別の人で、

叔父にあたる玉木文之進という人物です。

その塾を引き継いだのが松陰先生なのです。

こんな知識は入試には関係ないんですけどね。


なので、

「松下村塾発祥の地」は、

今の松下村塾とは少し離れた場所にあります。


それを知っている人が少ないからか、

少し離れた場所にあるからか、

そこはいつも静かで

ひっそりとしています。


管理をしている人も、

ここまではなかなか来ないからって話してくれました。


これは一つの例で、

現地に行ってみないと分からいことって多くあります。

現地に行ってみて初めて分かることも多くあります。

その人の生きていた場所で感じることって

多くあるのではないでしょうか。


書きだしたら止まらなくなりそうなので

最後に、

萩に行くとよく分かるのですが、

萩の人は、

幼稚園児から食堂のおばちゃんまで

「松陰先生」

と、言っています。

もちろん私も…


ですから、

僕の前では

決して呼び捨てにしないようにしてください(笑)


生徒たちは分かってくれているので、

必ず「松陰先生」と言ってくれています。


みなさんの元気になる場所はどこですか?

それを探してみるのも面白いかもしれませんね。

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る