現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

それぞれの場所で輝く

掲載日:2019年2月 7日 13:00

カテゴリ:

こんにちは!ハンス緑井校で理系科目を担当している滝宮です。


センター試験2日目の

1月20日(日)

広島市内中心部には

全国から選ばれたランナーたちが

集まっていました。


故郷の期待を背負ってたすきをつなぐ

そう、

全国都道府県対抗男子駅伝競走大会
(ひろしま男子駅伝)

があったのです。


その応援に行ってきました。


中学生から

社会人まで、

全部で7区。


各都道府県の代表ランナーたちが

たすきをつなぎます。


ニューイヤー駅伝や

箱根駅伝など、

テレビで見た選手たちが

目の前を走っていく姿は圧巻です。


中には

東京オリンピックの

マラソン候補選手もいるので

ワクワクします。


でも、

実際に見ると本当に速い。

あっという間に

目の前を通り過ぎていきます。


テレビ中継で

ランナーたちにあわせて

全速力で走る人がいますが、

本当にそんな速さです。


沿道には

多くの応援する人々でいっぱいです。

都道府県の県人会や、

大学・企業名の入ったのぼりもにぎやかです。

中には

目当ての選手を追いかけて

移動する人も多くいます。

そのうちの一人なんですが…(笑)


そして、

忘れてはいけないのが

大会がスムーズに運営されるために関わっている

スタッフの人たちのことです。


コース・中継所・スタート・ゴール地点など、

とても多くの人が関わって運営されています。

しかも

皆さんすごくイキイキといい顔をされています。

自分たちが

この大会を盛り上げていると

自信にあふれた顔です。

それは、まぶしいくらいに輝いて見えます。


こういった大会では

選手に注目が集まるのはもちろんですが、

大会を支える人たちがいてこそ成り立っているのだと

感じることができます。

こればっかりはテレビ中継では分からない感覚だと思います。


さて、

受験生の皆さんにとっては

今は入試の真っ最中。

でも、

もうすぐ新しい生活が

待っていることでしょう。


それぞれの場所で

一生懸命頑張っている姿って輝いて見えます。


これからも

まぶしいくらいの輝く姿であってほしい

と願っています。


そうそう、

駅伝の結果は広島県は4位。

優勝は福島県、

初優勝でした!

最新のエントリー

2019年5月 8日
令和キャンペーン!?
2019年4月23日
平成から令和へ
2019年4月19日
2019年3月開校 矢野校
2019年4月16日
さくらまつり
2019年4月12日
Live・生はやっぱり凄い!!

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る