現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

未来はあかるく

掲載日:2017年1月13日 14:36

カテゴリ:

いよいよ,センター試験本番です!

高校3年生・浪人生にとっては

『この日のために…!!』

という思いも強いことでしょう。

この2日間でほとんどの受験生の人生に

大きくかかわるであろう選択肢が

目の前に現れることとなります。


職業上,僕のまわりには毎年受験生がいるのですが,

やはり受験本番直前というのは神経質になってしまうようで,

夏~秋ごろに比べると,

みんな反応が悪かったり,

キャラクターも全体的に暗いような印象を受けます。



厳しいようですが,

受験本番では一人で試練に立ち向かわなければなりません。

そして,その結果もまた,自分自身に返ってくることになります。


受験生のみなさん,

あなたたちの未来はどのようなものになっているんでしょう…?


僕の経験を紹介しますと…

センター試験前日はあまり眠れなかったことを記憶しています。

普段6時間を目安にしていましたが,

フトンに入っても,目がさえてしまい,

1~2時間くらい眠れず,眠り自体も浅かったため,

早く目覚めました。

ですが,

不思議と疲れは感じず,緊張もしていましたが,

試験本番になると,目の前にある問題を解いていくうちに,

実力を発揮するのにちょうど良い緊張感になったのを覚えています。

2日間はあっという間に過ぎていきました。

ちなみに,試験会場が比治山大学だったのですが,

教室もキャンパスもトイレも全部きれいで,

気分がハイになったのも,良い思い出になりました。


センター試験を終えて

センター試験の結果は

決して満足のいくものではありませんしたが,

『 全 く 』 後悔はしていません。


それには2つ理由があります。

 ① 自分なりにやりきったという達成感があった。

 ② 失敗の後に続く道で素晴らしい出会いや経験をした。

ということです。


①についてはイメージしやすいかと思います。

実力を出して,力が及ばないのであれば,

それは 仕方のないことですし,

それによって,浪人することを選択したり,

志望校を第2希望,第3希望…と変更するなど,

ある程度予測ができます。


僕自身は,センター試験の結果に対して

(ア) 目 標点に届いた場合の志望校

(イ) 目 標点にはあと一歩である場合の志望校

(ウ) (イ) に届かない場合の志望校


の3つをイメージしていたため,迷いはありませんでした。

結果として,

(イ)の大学,実質的に第2志望であった大学を受験し,

なんとか合格することができました。


しかし,

「私は第1志望以外考えられない!」

という方もいることでしょう。

ここで,②の出番です。

もしも,

自分の思い描く最高の未来が得られなかったとしても,

その先にもいろんな道があり,

それぞれにたくさ んの出会いや経験がくっついてきます。


『必ず』です。


僕が今,ハンスにいるのも

その『最も欲しかった未来じゃない未来の先にあるもの』ですし,

今,数学を教えている生徒との出会いもそうです。

大学受験を乗り越えて,僕自身,自分が成長し,

身のまわりの人やものに対して,

感謝の気持ちをもつようになったと感じています。

失敗からいろんなことを考えて,

変わっていくきっかけになったと思っています。


少し話が長くなりましたが,

僕が受験生のみなさんに伝えたいことは次の3つのことです。


 ① これまでお世話になった方々への感謝の気持ちをもち,
   
   あなたに期待してくれている人がいるということを忘れないでください。

 ② どんな結果の先にも、

   未来を『あかるく』照らすものが『必ず』たくさんあります。

 ③ 受験はピンチですか?

   答えはNO!!!ビッグチャンスです。

   立ち向かって未来をよりあかるく切り拓いてください。


受験生のみなさんの健闘を祈っています。がんばろう!受験生!!

最新のエントリー

2019年5月 8日
令和キャンペーン!?
2019年4月23日
平成から令和へ
2019年4月19日
2019年3月開校 矢野校
2019年4月16日
さくらまつり
2019年4月12日
Live・生はやっぱり凄い!!

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る