現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

中3生 合同模擬試験を実施しました!

掲載日:2017年1月12日 14:39

カテゴリ:

こんにちは!

ハンス緑井校の中学部理系科目と高校部数学担当の野田です。

みなさん、頭は回転してますか!?\(^O^)/

2017年が明けてもう10日余りがたちましたね。

みなさんの新年のスタートはどうでしたか?


中学3年生 合同模試を実施しました!

1月8日(日)に、長井ゼミ医系学舎にて

舟入校、緑井校、五日市校、海田校、国泰寺校、西高屋校

ハンス6校舎合同での

中学3年生対象 高校受験の模擬試験を実施しました。

来たことがない会場

見たことがない同級生(=ライバルたち)

まったく経験のない環境が

生徒たちの緊張感を高まらせたことと思います。

 

今回の合同模試は、

そんな本番さながらの空気、緊張感での受験を経験してもらう

というのもひとつの目的でした。

 

入試本番では100%の実力は出しにくい!?

今回の模試を受けての感想を生徒たちに聞いてみたところ

「緊張した」「ミスった」「パニックになった」などの声も上がっていますが

「せまかった」「机、いすがグラグラしてた」「暑かった」「寒かった」

など、試験会場への文句もありました(笑)

 

しかし!

本番の入試当日の会場が、

どこもベストコンディションとは限りません!

 

机が、いすがガタつく

暖房がききすぎて暑い

逆に暖房がなくて寒い

なんか変なにおいがする

近くの道路工事の音がうるさい

隣の人の咳がうるさい

 

などなど、会場によっては

集中しにくい環境もあるかもしれません。

でもいくら周りのせいにしても、いくら言い訳をしても

テストの点数は1点も上がりません。

 

 

たとえばスポーツ選手は、

どんなに実力のある人でも

本番でその実力が発揮できなければ

結果を残せません。

 

受験生のみなさんも同じなんですよ。

入試は、本番で点数が取れれば勝ちですから!!

 

とはいえ人間ですから、緊張もすればミスもします。

なので実際、入試本番で100%実力を出せる人はめったにいません。

逆を言えば、

もし本番がどんな状況でも、落ち着いて100%実力を出し切れたら…?

完全に他の人を出し抜けるということですよ!

 

中学3年生、高校3年生の受験生のみなさんは

もう入試本番まで残り少なくなってきていることと思います。

残された時間でいかに実力を伸ばすかも、もちろん大事ですが

本番でいかに「平常心」を保つかも、同じくらい大事ですよ!

そのためにも、目をつぶって

入試本番をイメージトレーニングしてみるといいかもしれませんよ。

 

と、まぁ偉そうに言ってますが

「平常心を保つ」ってほんとに難しいんですよね(^^;

…実は僕もあがり症なので、

なかなか「平常心」を保てない方なんですが。

それは内緒です(笑

最新のエントリー

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る