現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

集中して・・・(~_~;)

掲載日:2015年5月12日 16:13

カテゴリ:

こんにちは(^^) ハンス五日市校の高校英語担当引地です。

新年度に入ったかと思うと、ゴールデンウィークも早々に終わり、そろそろ前期中間試験の時期が近づいていますね。皆さん、時間の流れに身体も心もついて来ていますか? この時期は「5月病」と昔から言われているように、様々な要因で体調を崩したり、気分が前向きにならなかったり・・・と言う時期ですが、学生生活を充実させるためにも、頑張って、まずは始めの試験を乗り切ってください。

そのためには集中力が必要ですね。皆さんは日々集中して勉強できていますか? 今回はいくつか、集中力アップに良いと言われている事を紹介しましょう。

①色では勉強道具には黄色いものを用いるとよいと言うことです。黄色は注意を引く作用があるため、やる気を引き出す色とも言われています。マーカーや、付箋、ノートなどは黄色がお薦めです。また机の周りなどは、寒色の青色で囲むと心が落ち着き、更に集中できそうですね。

②時間を区切って1つの事に取り組む。ハンスの高校生科の授業も90分ですが、 人間の集中力が持続できる時間は、最大で90分らしいです。90分以内に時間を区切って、休憩をはさみながら、何を何分勉強する・・・と、計画性をもって学習すると良いですね。その際に、キッチンタイマーなどを使うと時間の緩急がわかり、更に良いでしょう。

③雑念を取り払える用紙を準備して( ..)φ。勉強中にどうしても他の事が頭に浮かんできたときは、それを書き留められるメモ用紙などを、近くに置き、その都度、雑念を書き込み、そこで切り替えて終わらせるようにしましょう。もちろん雑念を落書きにするのも良いですよ。

④最後に、集中するにはメンタルの安定が重要です。そのためには、十分な睡眠時間を確保し、心の安定を図りましょう。(^.^)

やる気になったら、腕まくりをして、「さあ勉強始めるぞ!(‘◇’)ゞ」と言い聞かせ、腹式呼吸してしっかり脳に酸素を送り込み、始めましょう!まさか、スマホや、ゲーム、漫画なんかは、近くにありませんよね?もちろん君のやる気が1番の集中への機動力です!!頑張って行きましょう。( `―´)ノ

最新のエントリー

2017年9月22日
台風18号
2017年9月19日
"Carp"セントラルリーグ連覇
2017年9月15日
はじめまして
2017年9月12日
砂かぶり
2017年9月 8日
これからが勝負!

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る