現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

先生の大学時代の話

掲載日:2013年11月26日 22:13

カテゴリ:

みなさん、こんにちは!!ハンス理系担当の中島です(^-^)

外はすっかり寒くなってきましたが、みなさん体調を崩したりしていないですか??これからインフルエンザも流行してくる時期になりますので、手洗い・うがい・マスクと予防をしっかりしていきましょう(^O^)

入試が徐々に迫ってきて自分の将来の事を考えはじめている人もいるのではないかと思います。長井ゼミハンスで定期的に発行させて頂いているハンス新聞にも書かせて頂いたのですが、今日はこれから大学生になっていくみなさんへ向けて大学とはどういった場所なのか、何を勉強する場所なのか、私自身の大学時代の経験をもとに書かせて頂きたいと思います。

大学は小・中・高・大の中で一番自由が与えられる場所ではないかと思います。えっ!!じゃあ遊びたい放題なの??と考えたみなさん!!それは大きな間違いです。確かに遊ぶ事もできますが、やるべき事をやらずして遊ぶという選択肢を選んでしまうとそのつけが全て自分自身に返ってきます。自由が与えられるという事はそれだけ「責任」がついてまわるという事なのです。そういった部分で、大学の時は自由を与えられた反面、自分自身に与えられた「責任」というものを初めて感じた時期だったと思います。

初めての一人暮らし、初めてのアルバイト、バイト内・大学内での人間関係等、うまくいかずに悩んだ事も多々ありましたが、今となってみるとそういった一つ一つの経験が自分自身を成長させ、今の僕があるのだと感じています。これから大学生になっていくみなさんには勉強だけでなくそれ以外の事も大学という場で学んでほしいと思います。

その過程でうまくいかずに悩む事もあるとは思いますが、それは将来必ず自分にとってプラスになって返ってくる事を知っておいてほしいと思います。

最新のエントリー

2019年5月 8日
令和キャンペーン!?
2019年4月23日
平成から令和へ
2019年4月19日
2019年3月開校 矢野校
2019年4月16日
さくらまつり
2019年4月12日
Live・生はやっぱり凄い!!

アーカイブ

フィード購読

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る